『生きねば。』



長期的に物事を捉えると短期的な問題から距離を置くことができる。

僕は10年先を見据えて生きる。

そこでどんな未来が待っているのか。自分がそこでできることはなんだろうか。今のままでいいのだろうか。変われることがあるんじゃないか。

色んなことに頭をよぎらせていると、短期的な問題の解決策を見出すこともできたりする。

そういう思考を持てるようになったのは、そばで支えてくれるパートナーがいてくれるからであり、

プログラミングでの思考形成からも少なからず影響を受けていると思う。

パートナーがいてくれることで僕の未来は常に光が差している感じがするし、

一人でやるよりも二人で協力するからこそやれることが倍増する。

価値観を共有する。意見のすれ違いですらもお互いが認め合って、好きな部分も好きになれない部分も含めて、

手を取り合って一緒に生きていける人がいれることが何よりも幸せで、

プログラミングがどこにどう結びつくのかは未知で、

一つ言えるのはパートナーが何が生まれるのかを楽しみに見てくれていること。期待してくれていること。

ここがあるから時間をかけてやっていこうと思える。

10年もすればいろんなことが変わっていて、人が求めていることも今とは随分変わっていて、

今のままではいられないと思う。変化しないといけないし、状況に柔軟に対応できる人間であり方が生きやすい。

誰でも苦しいこと、不安なことはあるだろうけど、

ジブリのキャッチフレーズではないけれど、生きねば。と思う。

あきらめず、だからといって、力み過ぎず、柔らかい気持ちで生きていたい。

0コメント

  • 1000 / 1000