自分のコンテンツまでの導線づくり

SNSなどのサービスを利用して、自分のオリジナルのコンテンツへの導線を張ろう。

SNSで自分のコンテンツのアピールをし、心を掴んで、集客につなぐ。

例えを出すと

うどんチェーン店の丸亀製麺がV字回復したのには理由があって、

お昼時にお腹を空かした人たちに向けて、ガラス越しに、うどんを作っている人、

そして張り紙には、作っているうどんについてのコピーが綴られている。

どんなものかと覗くと、その内容を目の当たりにした客は、自然と奥へ入りうどんを頼む。

店の外の段階から、客にワクワクとかドキドキとか、それ以外にも需要を満たす何かを示すことで、アピールすることができる。

中に入れば、客を離さない仕掛けをいたるところに仕掛けて、

最終的なコンテンツ(うどん)に導いていく。
これが僕の中でたどり着いた導線を貼る意味です。

例えば、

Instagramを使って、イラストや動画を配信する。

そのコンテンツの中にはユーザーが興味を引くものがそこかしこに散りばめられていて、

もっと見てみたい、手にとってみたい、といった体験欲求のようなものを芽生えさせることができれば、

自分のオリジナルコンテンツ(著作物や電子書籍、グッズ販売、メルマガ)などに導くことができる。

つまり、重要なのはサービスの質以上に、導線をどう張るかということ。



0コメント

  • 1000 / 1000